冷え性とは?

どういった症状なのか

冷え性というのは手足が冷たく感じる状態のことで、比較的女性に多く見られますね。これは、男性が筋肉の比率が多いのに対して、女性では脂肪の方が多くなっている傾向が理由の1つとして考えられます。

なぜかというと、脂肪というのは温まりやすいのですが、冷えやすい性質も持っているからです。また、筋肉が少ないと血の巡りを良くする力も弱くなります。

そして、女性はホルモンのバランスも崩しやすいので自律神経への影響も考えられます。交感神経は血管を収縮させてしまいますので、やはり血行不良が起こってしまいがちです。

女性ホルモンには2種類あって月経などの周期によって分泌量の大小が入れ替わります。これも関係しているといわれていますよ。暑い寒いに関係なく出る症状ですので、根本的な解決が望ましいでしょう。

冷え性対策は色々ありますが、一過性のものではなく、長期的な視点で改善するよう努力して行きましょう。

どのくらい続くと冷え性なの?

寒い時期に一時的に起こるのは冷え性だと断定することは出来ませんね。もしくは「冷え性予備軍」である可能性は考えられます。更年期にのぼせがあるのにも関わらず四肢だけ冷えているというのは、冷え性になっている可能性が高いです。

この様に通年に渡って手足の冷えを感じるときには冷え性になっていると考えて良いですね。一過性の冷え性というのはあまり考えられないケースです。長いスパンで冷えを感じているということであれば、今後の改善についても検討をしていかなくてはいけません。

他に肩こりや肌荒れ、腰痛なども伴うことがあります。これらの症状と合わせて総合的に判断をしていくこともありますので、ご自身の体調をよく観察するのも大事ですよ。

また、無理なダイエットをすることによっても、結果的に冷え性になると言うことがあります。生活習慣も合わせて最近の様子を振り返ってみましょう。

思い当たることがあるのではないでしょうか。冷え性になっても、対策はありますので時間はかかりますが調整していきます。

このページの先頭へ