エコな冷え性対策

冬に扇風機?

冬に扇風機なんてとんでもない!と思うでしょうが、これにも理由があるのです。実は暖房を入れても部屋がなかなか温まらないと感じた場合には、天井の方に暖気がたまってしまっています。暖かい空気は上へと流れてしまうのです。

逆に冷たい空気は下に流れてきてたまっていきます。そうすると、ここに空気の流れを作って循環させる方法を用いると、まんべんなく暖かい空気が回ると思いませんか?

そこで扇風機を使用します。ただしずっとつけたままでなくても構いませんね。2~3時間おきのスパンで空気の循環をするだけでも格段に暖房効率が上がってきますよ。暖房の節約にもなって便利ですね。

今ではセンサー付きのエアコンがありますので、この方法を必要としないご家庭も多くあります。そうではないご家庭では有効な手段だと思いますね。足下も非常に温かさを増してきます。

フローリングよりもラグマットを追加

フローリングのままでお住まいの方もいますね。スリッパやソックスがあるからと安心していませんか?実はジワジワと冷えていることに気がついていないケースが多いのです。

室温に関わらず、またシーズンに関わらず足から冷え性を悪化させますので、出来ればラグマットやカーペットを使用して下さい。1枚プラスするだけで全然違うということが体感できますよ。

冬であれば銀色の保温対策のシートも販売されています。広さに合わせて選ぶことが出来ますので、使用してみてはいかがでしょうか。家具を移動させるまでもなく、ご自分で使用するスペースだけに敷いておくだけでも、環境的な冷え性対策が出来ますよね。

対象として根本的な解決がされるまでの間の工夫として導入してみてはいかがですか?フローリングの上を素足で歩いては、何をしても効果の実感が得られなくなってしまいます。この点をご理解いただいて様々な工夫をしていきましょう。冷え性は、こつこつと積み重ねる改善が大事なポイントになります。

このページの先頭へ