冷え性から女性系トラブルに

月経の不順など

冷え性から起こりやすい女性系のトラブルもいくつかご紹介していきましょう。まず月経の不順が起こりやすくなります。生理痛や質・量の問題などもありますので、非常に悩みの多い方が増えています。

よく生理痛になると腰やお腹を温めると緩和されることがありますよね。通常は内臓温度も高いので、この様なことをしなくても問題はないのです。

しかし、冷え性では内臓温度にも定価が発生することもありますので、一般的な人よりは生理痛もひどく、その他の諸症状にも悪化が見られるのです。

日常的に冷え性対策を講じていると、これにも変化が出てきますので、やはり根本的な原因である冷え性から治していくようにした方が効率も良いでしょう。

周期などにも問題が発生するケースがあります。ホルモンバランスまで崩れていることになりますね。自律神経との関係性もあるのです。

不妊症にも?

月経の不順などからも派生してきますが、冷え性によって不妊症になることがあります。婦人科系の臓器に対して血行不順が生じると、妊娠にも影響してしまいますね。

自律神経でも血管の収縮をする交感神経が活発になりますので、女性ホルモンを分泌する脳の部分にもトラブルとして認識されてしまうのです。自律神経とホルモン分泌を左右する脳の部分は隣り合っていますので、一方に混乱が出ると、同じく混乱を生じてしまうと言うのも一般的な見解ですね。

たかが冷え性と思っていても、この様な思わぬ問題が出てきてしまうのです。しかし逆手にとって考えると、不妊症の方も、冷え性が原因になっている場合には、その改善によって不妊症も治っていくと考えられますね。

サプリメントでもマカのようなものであれば、不妊症を改善する効果もあり、冷え性にもアプローチしてくれますので、非常に便利なものとなっています。

不妊症がホルモンとだけむず美ついているのではなく、その背景には冷え性も潜んでいることがあります。

このページの先頭へ