冷え性の緩和には?

内側から温める

冷え性を緩和するのには内側から温めるという方法もありますね。サプリメントを使用するのも有効ですし、その他にも体を温める食べ物がたくさんありますので、それらの活用をしていきます。

基本的にシーズンを問わず、冷たい飲み物を避けるようにしていくのも良い方法ですね。せっかく温める食べ物やサプリメントの摂取をしていても、暑いといって冷たいものを飲んだり食べたりしては、効果が薄れてしまいますので、注意をして食事についても検討していきます。

最近では旬というものがなくなりつつありますが、冬野菜と言われるものは体を芯から温める効果を持っているモノなのです。ショウガや冬の根菜類などを多く取っていくと、体温が上がってきますのでオススメですよ。

しかも、それを温めて摂取することによって、より効果が上がっていきますのでメニューも考えて作っていきましょう。出来合いのものでも効き目があります。

外側から温める

外側から温める方法にも様々なものがありますよね。温感のインナーや温感グッズの使用、お風呂で温まるのも良いですね。リラックスをすることによって、副交感神経が働きます。

こうすることで血管を拡張してくれるので、血行促進にも役立つというメリットを持っています。悪化もさせませんし、改善に結びつけるのには便利ですよ。

そして、インナーを使用する場合には、ソフトなタッチのもので、体を締め付けないように調整をしていきます。場合によってはワンサイズ上のものを購入した方が良いこともありますね。

外出先ではあまりだらしのない格好も出来ませんが、ルームウエアなどはリラックスして構わないでしょうから、ゆるっとしたもので、体を温めていくようにして下さい。

バスタイムの時には、バスルームと脱衣所の温度差をなくすようにしておくと、湯冷めもしませんし効率よく体を温めることが出来るでしょう。布団なども、布団乾燥機を使用できるシーズンには活用していくと暖かさが増します。

このページの先頭へ