夏でも油断はNG

エアコンでの影響

暑い夏にはつい油断しがちになってしまいますが、たとえ暑くても安心は出来ないのが冷え性の特徴でもありますね。これは、エアコンなど冷房設備が多くの施設内に完備されているからなのです。

夏に完全装備の温かい服装をすることもできませんよね。外はとにかく暑いので、それに合わせてしまうのが普通だと思います。結果的にはオフィスでもカーディガンを羽織ったり膝掛けを使わないと寒くて耐えられない状態になってしまいます。

その他には、ランチに行っても行く途中が暑いので、冷たいメニューをオーダーしてしまうこともありますね。内側から、グッと冷えてしまいますので、その瞬間は良くても後が大変だということもあります。

もちろんたまにということであれば問題はないのですが、日常的になることは困りますね。節電なども行われていても、冷えている場所がたくさんありますので、1枚羽織るものは持って歩くようにしましょう。

薄着によって

夏の薄着によってかなり体を冷やすことになります。冷え性であっても、そのシーズンには他の冷え性ではない人と同じようにファッションも楽しみたいのはわかります。

しかし、ご自身に冷え性であるという自覚があるのでしたら、多少の工夫をしていきましょう。見た目にわからないインナーで工夫をしたり、羽織るものも持ち歩いておきましょう。コンパクトにたたんで、バッグに入れておけるものも多く販売されるようになりました。

またUV対策としてですが、長袖やアームカバーのUV加工がされているものを着用する人も多くなりましたね。これをチャンスとして、体を冷やさない対策を講じてみてはいかがでしょうか。他の人と同じようなファッションにもなりますし、オシャレなものも多く用意されていますので、ヤボったくならないで済みます。

冷え性対策だとは一見して解りませんので、恥ずかしいと思うこともないですね。実際問題としては、恥ずかしいも関係なく冷え対策はしなくてはいけないものですが、女性としての気持ちも配慮したいですね。

このページの先頭へ