効率良く温めるポイント

手足や首など

冷え性でも効率よく温めるとよいポイントがあります。まず足からですが、足先だけをいくら温めても冷えがひいた感じがしないこともありますよね。足を温めるのであれば、足首も含めて温感を持てるようにして下さい。

手についても手首を温めるというのは大事なことになります。これらに共通して言えるのは、末端だけではなく、それより体側にある太い部分では血管も太くなりますので、温かい血を巡らせることが可能になるというのはあります。

試しに、足首だけ、そして手首だけでもいいので、リストバンドやレッグウォーマーを使用して温めてみましょう。効果として実感できるのではないでしょうか。手袋もレングスの長めのものにすると温かさが倍増します。

同じくソックスよりはハイソックスを着用した方が温かいということがわかりますよ。他の部分にはあまり冷えを感じないでしょうから、このパーツを重点的に温めてみましょう。

腹部を中心的に

お腹も大事なポイントになります。おへそのあたりを中心にして、冬であればカイロを当ててみましょう。内臓温度を上げることにもつながっていきますので、最終的には末端までの血流温度を上げることも可能になるでしょう。

これは腰を温めるのよりも効果があると一部で言われています。実践してみて分かりますが、お腹が温かいとリラックスも出来ます。そうすると副交感神経も働きが良くなり、血管を拡張させるのにも役立っていきますね。

最近の腹巻きではカイロ用のポケットがついているものもありますが、この様な理由がきちんとあるものなのでしょう。女性系のトラブルにも効果を発揮しますので、貼るカイロなどを生理の時に使用している人は多いのではないでしょうか。

低温やけどをしないように注意をして使っていく必要がありますので、就寝時などは使用しないで下さいね。直接肌に貼ることもできる温熱グッズもありますので、使い分けていきましょう。

このページの先頭へ